コラム

中古車購入?カーリース?迷ったときにチェックしたいポイント

車が欲しいけれども、新車を買うほどの手持ち資金に余裕はない……。そのような時の選択肢として頭に浮かぶのが中古車の購入、もしくは、カーリースの利用ではないでしょうか。どちらが良いのか迷ったときには、それぞれの特徴を理解したうえで、使い勝手の良い方を選ぶのがポイントです。今回は中古車購入とカーリースの利用のどちらが良いのかで迷っている人に向けて、それぞれの特徴をまとめ、賢い利用方法について解説します。

そもそもカーリースってどんな仕組み?

中古車購入を考えつつも、本音を言えば新車に乗りたいと思う人は多いことでしょう。そこで検討したいのが、新車を利用できるカーリースです。しかし仕組みがよく分からないままに、カーリースを利用するのは不安に感じるかもしれません。まずは、カーリースの特徴や料金設定といった基本的な仕組みを確認してみましょう。

カーリースは、車の購入とどう違う?

カーリースはその名の通り、「購入」ではなく「借りる」サービスです。利用する際にかかる費用は、「車の使用料」として支払います。とはいっても、カーリースで利用する車は、自宅の車庫や駐車場で管理し、マイカーのようにいつでも自由に使えます。リース契約では、契約期間中の車を使用する権利は契約者にあるので、実質的には保有しているのと変わりません。

また、カーリースは利用できる期間が決まっています。契約期間はプランによって異なり、契約期間満了時に精算を行います。契約満了時には、新しい車への乗り換え(新契約)、同じ車を継続する(再リース)、残りの車両代を支払って自分の車にする(買取)、返却して契約終了という4つの選択肢があります。

カーリースの料金は?

カーリースにかかる毎月の使用料は、残価設定された車両費と諸経費を合算し、契約期間の月数で分割した額になっています。残価設定とは、数年後の下取り額(残価)を新車の価格から差し引く仕組みです。

月々のカーリース料金には、税金や車検代などが含まれており、プランによっては、メンテナンスや任意保険を含めることも可能です。自身で購入した車は、税金の支払いや車検などが発生するたびに、費用を用意して支払う必要がありますが、カーリース料金はそうした費用まで含んで分割されているため、常に支払いは一定額です。

残価設定については「ローンやリースで注目の残価設定とは?仕組みやメリットについて解説」で詳しく解説しているので、あわせてご覧ください。

中古車購入とカーリース、どっちがいいの?それぞれのメリットを比較

中古車購入とカーリースにはそれぞれメリットがあります。双方のメリットを比較し、優先したいポイントから自分に適した方法を選んでみましょう。

中古車を購入するメリット

中古車購入の大きなメリットは、新車購入と比較して、車を安く購入できることでしょう。ただし、車両費は安いものの、そのほかの経費がかかります。消費税や自動車税、環境性能割、車検代といった費用がかかることを、購入費と併せて考慮する必要があります。

もう1つのメリットとして、中古車市場でしか購入できない車を探せるのも利点です。現在は製造されていない車でも、中古車としてなら探せる可能性があります。また、購入した車を自身の資産として扱えるようになるのもカーリースとは異なる利点です。

カーリースのメリット

カーリースの場合、初期費用をかけずに、新車に乗ることができるのが大きなメリットです。数年ごとの乗り換えも手軽なので、頭金を用意しなくても、最新の安全性能を搭載した車に乗り続けることができます。何より新しい車という点で、気持ちの良いカーライフを過ごせます。

そのほか、カーリースは、残価設定がされていることから、人気のある車ほど月々の支払いが安くなるという特徴があります。しかも、支払いは常に一定なので家計管理が行いやすく、車検費用などを積み立てておく必要もありません。

さらにすでにリースに含まれているので税金を支払ったり、車検やメンテナンスを行ったりする管理負担がほとんどありません。車を維持するための手続きについて詳しい知識が少ない人でも、安心して車を使えます。プランによっては任意保険まで加えられるので、時期によって大きな出費が発生しないのも利点です。また、車のメンテナンスまで含んだプランなら、消耗品の交換や補充などにかかる一時的な費用を考える必要もありません。

中古車とカーリースの注意点

車を入手した後に後悔しないためにも、マイナス面があることも理解しておきましょう。

中古車の注意点

所有したいと考える人にとっては、中古車が魅力的に感じるかもしれません。新車と比べて中古車は安く購入できますが、その一方でリスクもあります。

  • 安いのには訳がある

基本的に状態が保証されている新車とは違い、中古車は同じ型式、同じ走行距離でも1台ごとにコンディションが異なります。前オーナーの車の使い方やメンテナンスの頻度、事故歴の有無によって車の状態が変わってしまうからです。見た目だけではわからない、内部の劣化が起きている可能性もあり得ます。

また、中古車の多くは年式が数年以上経過したものであり、新車と比べれば性能面でも劣ります。より安全なカーライフを考えるとき、最新の運転支援システムが搭載された車を選んだ方が良いこともあるでしょう。

加えて、近年の中古車市場は頭打ちの状態にあるとされています。というのも、過去と比べて新車販売そのものが厳しい状況にあるからです。中古車は新車を購入する際に下取りに出されたものが多く、新車が売れなければ中古車市場も広がりません。結果として、狭まった中古車市場では良質な車の確保が難しく、欲しいと思った車が市場にはもう無い、という可能性も考えられます。

  • 見極めが難しい

中古車の購入においては、状態を吟味して選ぶスキルが求められます。しかし、ある程度車の知識がある人でも、中古車の良し悪しを完全に見極めるのはかなり難しいものです。修復歴の記録があっても、素人ではそれが何を指しており、その結果、車がどんな状態なのか判断できないことも多いでしょう。

数年間使われた中古車には目に見えない歪みやズレがある可能性が高く、各種センサーの調整が万全かどうかも、実際にある程度乗って見なければわかりません。どれほど見た目がきれいで走行距離が少ない中古車であっても、車体のクセや歪みがある可能性は捨てきれません。

カーリースの注意点

一方、利便性の高いカーリースにも利用時の注意点があります。

  • 事前に契約期間の走行距離を決める

契約するプランの内容によっても異なりますが、ほとんどの場合、契約期間中の走行距離が設定されています。リース利用中にチェックが入るわけではありませんが、返却時に走行超過が原因で査定額が低下した場合には、残価との差額を請求されることも考えられます。

  • 解約金が発生するケースもある

カーリースでは基本的には、契約途中での解約を想定しておらず、利用者側からの希望で解約する場合には、違約金が発生する可能性があります。

事故による全損で車が使えなくなり契約解除となった場合も解約金が発生します。カーリースした車を自分好みに改造した場合では、原状回復をしてから返却しなければなりません。

車の利用は維持にかかる手間や費用を含めて考えよう

上述したように、中古車は購入時には安く感じても故障やトラブルの不安がつきものです。利用年数が長くなるほど、税金や車検代が高くなる可能性があるため、必ずしも「お得」とはいえない可能性があります。中古車を含め、車を選ぶ・保有することを考える際には、以下のような点を理解しておくと良いでしょう。

車は買って終わりではない

車は、大きな故障がなく安定した走行ができてこそ、価値があります。快適に利用するためには定期的なメンテナンスが必要であり、購入した車を良好な状態に保つのはオーナーの責任です。特に中古車は、少なからず経年劣化が生じているため、維持にはきちんと手間をかけなければいけません。

また、新車以外の車検は2年ごとに実施されますが、車検代は通常、経年につれて高くなっていきます。車検代やメンテナンス料を惜しんで不調を起こしたとしても、それは自己責任です。安く手に入れた中古車が、後に度々トラブルを起こし、思いがけず高額な費用がかかってしまうのも珍しくありません。修理ができずに、廃車となるリスクを考えておく必要があるでしょう。

車選びで重要なのは「安心安全」の選択

車選びで何を重視するのかは、考え方や状況によって異なります。しかし、社会生活の中で公道を走行する以上、安全面に考慮するのは当然のことといえます。

日進月歩のテクノロジーの進化で、現代の車はより安全に、より安心して使える設計になりました。新車で使えるカーリースであれば、最新の機能が搭載されているため、それだけ安全性が高くなります。少しでも気になるところがあれば、メンテナンスをリース会社に任せられるのでさらに安心です。さらに月額費用も契約期間中は一定です。数年先まで予算が決められるので、生活設計においてもメリットがあります。また古くなって寿命が来る前に乗り換えられるため、トラブルを減らせる点も安心材料といえるでしょう。

目先の安さに惑わされない賢い方法を選択しよう

車を安く利用したいとき、以前は、中古車購入という選択肢しかありませんでしたが、現在はその他にカーリースという方法もあります。カーリースは、初期費用不要で新車に乗れるのが魅力ですが、それなりの注意点も考慮が必要です。どちらが良いかは、使う人の状況によって変わってきます。中古車購入とカーリースの利用、それぞれのメリットを考えながら、自身に合った方法を選んでみましょう。


Relation関連記事

Categoryカテゴリー