コラム

もう1台車が欲しい!車を2台持ちするときのメリットと注意点を紹介

家族が自家用車を通勤に利用している場合、平日に買い物に行ったり子どもの送り迎えをしたりする際に、「もう1台車があったら」と思うママも多いのではないでしょうか。家族が通勤に車を利用していなくとも、ときには休日に予定がバッティングしてしまうこともあるでしょう。車が2台あれば便利ですが、気になるのが「かかる費用」です。2台持ちすべきか迷うご家庭に向けて、車を2台持ちする際のメリットや、費用を抑えるポイントを紹介します。

車を2台持ちするメリットと注意点

家族が個々に車を持てると、自由に移動できる機会が増えます。改めて車を2台持ちするメリットを確認するとともに、2台持ちになった場合の注意点を見てみましょう。

車を2台持ちするメリット3つ

  • メリット1 用途に合わせて車を購入できる

複数台ある分、用途に応じて車種やグレードを変えることで、以下のような使い分けができるようになります。

  • 1台目は通勤用として、通勤の負担を減らすためにややラグジュアリーで乗り心地のいい車。2台目は平日の買い物や子供の送迎など近場の利用を中心に、小回りの利く軽自動車やコンパクトカーを選ぶ
  • 1台目は通勤用として軽自動車とし、2台目は家族全員が乗れる車にする。遠出やレジャーを楽しめるようなファミリーカーを選ぶ

上記は子供が小さいうちの例ですが、子供が成人すれば自分で運転して車を利用する場面も出てくるでしょう。車を2台持つことで、ライフスタイルの変化に柔軟に対応できます。

  • メリット2 利便性が向上する

例えば、休日に家族それぞれが車を利用したい場合、1台の車しかなければ物理的に行動が制限されてしまいます。個々の車の利用頻度が高いのであれば、2台あった方が利便性は向上するでしょう。

  • メリット3 故障や事故が生じた場合のリスクヘッジができる

思わぬ故障や事故で、一時的に車が使えなくなることもあり得ます。1台しかない車が使えなくなれば、もしもの時の生活に大きな影響が出てしまいます。しかし、2台あれば、こうした事態に遭っても対応できるでしょう。もし、「自動車保険の代車サービスがあるから大丈夫」と考えているのであれば、代車の要件をチェックしておくことも大切です。代車サービスがある自動車保険でも、事故時のみの対応で故障時には代車が受け取れないケースもあるからです。

リスクヘッジという点では、2台を使い分けることで維持にかかる負担を減らすことも可能です。車は原則として、走行距離が増えるに従って劣化が進みます。車の利用を分散できれば、劣化の軽減になり、将来車を売る際に高値で売却できる可能性が増すでしょう。購入時に売却時のことまで考える余裕はないかもしれませんが、メリットのひとつとして把握しておくと良いかもしれません。

車を2台持ちする注意点

一方で、2台持ちには注意点もあります。車を2台所有すれば、その分かかる費用も増えてしまいます。購入時の初期費用はもちろん、購入後の維持費も2台分必要です。維持費には以下のようなものがあります。

<車の維持費>

  • 自動車税……年に1回
  • 自動車保険……一般的に1年契約
  • 車検代……2年ごと(新車の場合、購入後初めての車検のみ3年後)
  • 駐車場代……庭に車を2台置けるスペースがある場合は発生しない
  • 自動車ローンの支払金利……自動車ローンを利用した場合それぞれにかかる

購入時には車の本体費用、納車費用、登録諸経費などの費用がかかりますが、その後にかかる維持費のことも考えておかなければなりません。維持費は、車のかすり傷やへこみなどの影響で発生する修理代を含め、一時的な出費が多く、金額が把握しにくい傾向にあります。しかも、支払い時期が不定期にやってきます。長期的な視野で家計への負担を考慮し、家計を圧迫しないかどうか見通したうえで購入しなければなりません。

駐車場代がかかる条件は家庭によって異なりますが、庭に車庫を用意する場合であっても、いざ納車してみたら「思ったよりも狭くて大変」「庭が狭くなって不便」などの理由で、結局有料の駐車場を探す必要が出てくるかもしれません。こうした想定外の維持費が発生してしまう可能性を考慮したうえで、2台目の購入を考えておくと良いでしょう。

また、意外と見落としがちなのが、維持のための手間です。費用だけでなく、こまごまとした手続きに時間を取られがちです。忙しい人にとっては、自動車税の払い込みや自動車保険の更新なども負担に感じるかもしれません。

車を2台持ちする際の維持費の目安

では、実際に車を2台持ちすると、どの程度の維持費がかかるのでしょうか。1,500cc程度のコンパクトカーを例にして目安額をまとめました。

車検代や自動車税の目安

  • 車検代
    通常2年おきにかかる車検代は、10万円程度が目安です。一般的に車種や排気量によって異なり、軽自動車はより安く、サイズや排気量の大きい車ではより高くなります。また、車の消耗度合いが大きければ車検代も高くなるでしょう。車検の依頼先は「ディーラー」「ガソリンスタンド」「車用品の専門店」などがあり、業者によっても費用が変わります。
  • 自動車税
    自動車税とは、毎年4月1日時点での所有者が納税する税金です。原則として排気量によって税額が変わり、新車登録時期が2019年10月1日以降の場合、排気量1,000cc超~1,500cc 以下の場合「30,500円」です。なお、1,500cc超~2,500cc以下なら「36,000円」、軽自動車は一律10,800円です。
  • 任意自動車保険
    任意自動車保険は、年齢や運転履歴、補償内容で大きく変わりますが、2~5万円程度が目安です。任意保険には大きく2種類の契約先があり、代理店を通じて契約する「対面式自動車保険」とインターネットや電話を通じて直接自動車保険に加入する「ダイレクト式自動車保険」があります。後者の方が価格は低めの傾向ですが、対面で相談しながら保険内容を決めたい人は前者が向いているでしょう。

強制加入となる自賠責保険は車検時に更新することになるため、通常車検代に含まれます。

  • そのほか、消耗品費(ワイパー・タイヤ交換など)
    車の一部パーツは、消耗品です。ワイパーのゴムは1年程度、ワイパーは2年程度で交換時期が来ます。ワイパーゴムは1,000円程度、ワイパーは数千円程度ですが、費用だけでなく、交換の手間がかかります。タイヤ交換はセットで数万円かかるため、消耗品にしては負担が大きいでしょう。走行距離や環境にもよりますが、一般的には5~10年程度が交換時期とされています。

車を2台持ちする前に検討すべきこと

車の2台持ちを検討しているけれど、不定期に費用がかかるのは大変と感じる方もいらっしゃるでしょう。そんな時は、2台目の購入ではなく、車を便利に使える他の利用方法を考えてみましょう。

選択肢1:カーシェアリングやレンタカーを併用する

2台目の利用頻度が低いなら、他の人と車をシェアする「カーシェアリング」や、短期間だけ借りられる「レンタカー」もいいでしょう。どちらも必要な時間だけ車が利用できるサービスなので、利用頻度を抑えれば、購入時と比べて費用もかかりにくいでしょう。ただし、近くにカーシェアリングの拠点やレンタカー店がない場合は利用しにくいかもしれません。また、カーシェアリングでは、他の人が使用している時は使用できないので注意が必要です。

選択肢2:月額の出費を一定にできるカーリースを賢く使う

車の維持費は、一時的に高額の費用が必要になることもあり、支払いに波があります。その点、カーリースなら自動車税や車検代などの維持費が含まれているため、車に関する出費を一定にしやすくなります。月額料金で、契約期間中は車を自由に利用できるカーリースは、車を新たに購入する場合と比較して、必ずしもお得なわけではありませんが、安定した出費で家計管理が楽になります。

※カーリースの料金について気になった人は「話題のカーリース!気になる料金をシミュレーションして紹介します」をご覧ください。人気の車種でカーリース料金をシミュレーションしています。

車を2台持ちするために費用を抑える4つのポイント

車の2台持ちで費用を抑えるにはポイントがあります。代表的な4つの方法を紹介しましょう。

ポイント1:燃費を考えて車を選ぶ

燃費の良い車を選ぶと、それだけでガソリン代が抑えられます。用途とズレがなければ、軽自動車やコンパクトカーを選ぶといいでしょう。軽自動車なら自動車税や車検代も安くなります。大きい排気量の車が必要な場合も、燃費効率を重視して選ぶとよいでしょう。希望の車種の燃費効率が悪い場合は、「車に余計な荷物を入れない」「タイヤの空気圧をこまめに確認して数値を適正にしておく」などの方法で燃費効率の向上が図れます。

ポイント2:セカンドカー割引が適用される自動車保険に入る

2台目の車は自動車保険の「セカンドカー割引」が適用される場合があります。セカンドカー割引とは、1台目の車が個人所有で、かつ所定の自家用車であるなどの条件を満たすことで2台目の保険料が割り引かれるものです。

また、一般的な自動車保険は1年ごとの更新になりますが、より長期間で契約する「長期契約」を活用する方法もあります。保険料が必ずしもお得になるとは言えませんが、契約中は保険料が一定となるため支出が安定します。契約後、仮に事故や違反などで保険料が上がる事由が発生しても、契約期間中の保険料は変化しないからです。

ポイント3:できるだけ大切に乗る

普段から燃費効率がアップするよう、急ブレーキや急発進を避けたエコ運転を意識することも大切です。また、メンテナンスをしっかりして故障や劣化を予防することも重要です。

ポイント4:「購入」ではなく「保有」できる車を活用する

上記3つのポイントは2台目を購入する際に役立つものですが、「購入」ではなく「保有」する方法もあります。前章でも触れたように、一定のリース料で自由に車が使える「カーリース」なら、維持にかかる費用が安定するため、急な出費が少なくなります。リース契約期間後に買い取ることも可能なので、購入と近い感覚で利用できるでしょう。

車の2台持ちは維持費を抑えて快適に

車が増えれば、自由度が増し、生活の利便性が高まります。車を2台持ちするときは、最初にかかる購入費用に目が行きがちですが、家計が悪化しないよう維持費についても事前に考慮しておきたいところです。支出の見通しが立てにくいときは、維持費をフラットにしやすいカーリースも検討してみるといいでしょう。最適な利用方法を選択し、日々の生活を快適にする車の使い方を考えましょう。


Relation関連記事

Categoryカテゴリー