コラム

カーリースの仕組みを知ろう!正しく理解して賢く利用するためのポイント

サブスクリプションやシェアなど、モノの使い方が多様化し、ミニマムな生活が注目される現代。車の使用方法においても、さまざまなスタイルが登場しています。なかでも頭金が不要で、好きな車を選んで乗れる「カーリース」は、若い世代を中心に活用される新しい車利用法です。しかし、カーリースを利用するに当たり、その仕組みや他の利用方法との違いを理解できていなければ、思いがけない負担が発生することがあるため注意が必要です。カーリースを上手に活用するために、その仕組みや利用のメリット、注意点について確認してみましょう。

カーリースとは                

カーリースとは、月額で設定された使用料を支払うことで、マイカーと同じように車が利用できるようになるサービスです。自家用車の購入とは異なり、リースという名称の通り「賃貸借契約」であり、「割賦販売契約(ローン)」ではありません。例えば、カーリースは賃貸マンションで、自家用車の購入はローンによる住宅購入というイメージです。

カーリースの場合、所有者はリース会社で、ユーザーは使用者に当たります。契約条件にもよりますが、税金や車検などのメンテナンス費用は、基本的にはリース会社が担い、月々のリース料金に反映されます。月々の支払いは常に一定額で、突発的な負担がかかることはありません。また、自家用車のようにオプションの選択や好きなパーツの取り付けなどができます。ただし、パーツを取り付けた場合、契約満了時に返却する際には元に戻す必要があるため注意が必要です。こうした点も賃貸マンションから退去する際に求められる原状回復の条件をイメージすると分かりやすいのではないでしょうか。

カーリースと混同されがちなのが、レンタカーかもしれません。レンタカーは、「わナンバー」「れナンバー」に限定されますが、カーリースでは希望のナンバーにすることも可能です。カーリースの契約は3年・5年・7年などあらかじめ期間が設定されており、満了後は返却や乗り換えなどを選ぶことになります。

カーリースの特徴とその他の車の乗り方との違い

上述したように、カーリースは毎月一定額でマイカーのように利用できるという利点があります。そうした特徴を踏まえて、カーリースの利用に向くタイプをまとめました。さらに、カーシェアやレンタカーといった利用方法との違いを確認してみましょう。

カーリースの利用が向いているタイプ

カーリースは、以下のようなタイプの人におすすめです。

  • 「所有」にこだわらず、リースに抵抗がない
    マイカーのように車が使えることが優先条件で、自身で所有することにこだわりがない人はカーリースに向いています。
  • 車のメンテナンスのような維持にかかる雑事が苦手・面倒だと感じる
    自身で所有する車は、管理者として定期的なメンテナンスをしなければいけません。また、税金や車検の時期も決められており、車を維持するためにはそれなりの手間がかかります。そうした車の管理が苦手な人や、面倒と感じるタイプの人は、メンテナンスを含めて管理してもらえるカーリースがおすすめです。
  • 車検や税金の心配をせずに車に乗りたい
    自身で車を所有する場合、車検代や税金など、一時的に大きな費用がかかるときがあります。その点、カーリースならば、維持費を含めて月額のコストを一定にできるため、家計が安定します。出費の波を抑えたい人には、カーリースの利用が向いています。
  • 頭金はないが乗りたい車がある
    車を購入する場合、ある程度の初期費用が掛かります。しかし、カーリースなら不要なため、まとまった準備金がなくても、豊富な車種から好きな車を選べます。
  • ライフスタイルに合わせて車を乗り換えたい
    夫婦2人の時はミニマムな車で、子供が生まれたらワゴン車にしたいといったように、予測可能なライフスタイルに合わせて車を乗り換えたい場合にも、カーリースが便利です。契約期間終了のタイミングで乗り換えを選べば、その時々の状況に合わせた希望の車種を利用できます。

カーシェアやレンタカーとの違い

カーリースのように、賃貸という形で車を利用する方法は他にもあります。代表的な例として、カーシェアとレンタカーの特徴を見てみましょう。

  • カーシェア
    カーシェアは、特定の車を会員同士で共有するサービスです。利用は短時間(30分から数時間)に限られることが多く、登録料や月会費のほか、利用する時間・走行距離などの条件によって利用料が異なります。シェアリングされる車は「わナンバー」で、レンタルであることがひと目で分かります。また、他の会員が利用しているときには使えないのが難点です。都市部での導入が多く、利用できる範囲が限定的です。
  • レンタカー
    レンタカー会社所有の車を、一時的に借りるサービスです。利用は数時間~数日と短期で、利用時間分の料金を都度、支払います。車種はレンタカー会社が所有している車に限られ、レンタカー特有の「わナンバー」、「れナンバー」のプレートがついています。

カーリースの料金の仕組み

では、実際にカーリースを利用する場合には、どのような料金設定になっているのでしょうか。料金設定の条件や仕組みとともに、契約期間が終了したときの選択肢について解説します。

カーリース料金設定

カーリースの料金は、残価設定された車体価格に、税金といった経費を加えた金額を契約期間で分割して算定されます。残価設定とは、新車購入から数年後に下取りする場合の下取り額を計算し、本体価格から差し引いた残存価格で設定される支払いプランのことです。本体とは別に加えられる経費はプランによって異なり、税金のほか、維持に必要な車検代やメンテナンス料金を含めることもできます。利用に必要な金額を期間で分割するため、カーリース料金では長期契約になるほど、月々の料金が安くなる傾向にあるのが特長です。

リース終了後の4つの選択肢

上述の通り、カーリースは契約期間内で利用するのが基本です。リース契約期間が終了した後は、希望に合わせて4つの方法から選べます。

  • 乗り換え
    現状のリース契約を終了し、新たなリース契約を結んで別の新車に乗り換える。
  • 再リース
    現在の車に乗り続けたい場合、リース契約の延長を申し出ることができる。
  • 買取り
    リースから、自身の所有車にしたい場合には、残価分を支払うことで買い取りが可能。
  • 返却(精算)
    リースしていた車を返却し、契約を終了する。

リースしていた車を買い取る場合には、残価分が残っているため、その分の支払いが求められます。一方で、リース契約終了後に返却する際は、車両価値が残価を上回っていれば差分が返金される仕組みです。逆に返却時の車両価値が残価を下回ってしまうと、その差額を支払わなければいけません。

カーリースのメリットと注意点

カーリースにはさまざまなメリットがあります。ただし、その一方で、利用を検討する際に知っておきたい注意点もあります。それぞれ詳しく見てみましょう。

カーリースのメリット

  • 頭金不要で新車に乗れる
    新車を購入する際に必要な頭金がなく、経済的な準備がなくても車を利用できます。
  • 月々の支払額を一定にできる
    車を購入するとなれば、車両本体にかかる月々の支払いのほか、定期的に車検代や税金の支払いといった負担が生じます。しかし、カーリースは維持にかかる費用が含まれるため、支払い額の変動がありません。
  • 残価が設定されているので月々の支払額を抑えられる
    カーリース料金に含まれる車両価格には残価設定がされているため、トータルでの支払額を抑えられます。
  • メンテナンスや車検、税金など、リース会社が車を管理してくれる
    定期的なメンテナンスや税金の管理はリース会社が行うため、車の維持にかかる手間が省けます。
  • 経費で計上できる
    個人事業主の場合、リース料金を月々の経費として計上できます。

車の維持にかかる経費計上のポイントについては「個人事業主が計上できる経費とは?車関連の経費計上のポイントも解説」こちらをご覧ください。

カーリースの注意点

カーリースは残価がポイントであり、走行距離が車両の価値と連動しています。そのため、想定している走行距離が短いほど、月々の支払額が安くなります。というのも、走行距離が短くなれば、その分、車の消耗が少なくなり、車両価値(残価価格)が高まるからです。こうしたことからカーリースを利用する場合には、あらかじめ使用用途を明確にして走行距離を決めることが大切です。予定走行距離を超過してしまうと、車両返却時にその分の負担が発生する可能性があります。

また、カーリースの利用料には税金やメンテナンス費用も含めることができるため、毎月の支払額だけで比較するとローンよりも高くなってしまうことがあります。ローンでは維持にかかる費用や手間が別途必要となることを理解したうえでより良い選択をするとよいでしょう。万が一、リース車が事故で全損した場合には、契約解除をしなければなりません。その際、解約金の支払いが発生します。加えて、契約の種類によっては、リース期間満了時に使用状況に応じて精算をする必要があります。契約締結の際には、詳細な条件をしっかりと確認しておきましょう。

詳細は「残価設定ローンとカーリースの違いとは?賢く選択するために比較して違いを解説」でも紹介しておりますので、ご覧ください。

カーリースユーザーの声

実際にカーリースを利用している人の声をご紹介します。

  • 将来的なことを考えると金銭面だけでなく、メンテナンスなども含めてリースにした方がお得だと考えました。カーリースならば、今後の支払いに関しても、維持についても安心できます。
  • いつも利用しているガソリンスタンドで相談し、契約しました。販売店とメンテナンスが同じお店なので安心です。点検やオイル交換なども、販売店からもリース会社からもお知らせしてもらえるので忘れることなくメンテナンスを受けることができ、助かっています。
  • リースとレンタルの違いが分からず、最初少し戸惑いましたが、丁寧な説明を受けて納得して決めました。メンテナンスや料金プランも安心できるので、満足しています。

正しい知識を持って安心のカーリース利用を

カーリースは新しい形の車の乗り方です。「持つこと」よりも「使うこと」に視点をおけば、購入するよりも合理的と言えるかもしれません。ただし、月々の支払額にばかり目がいってしまい、安易な契約をすると、思いがけなく高額の精算金が発生するリスクもあります。大切なのは自分の生活に合ったカーリース契約をすること。あらかじめ知識を持っていれば、自信を持ってリース契約に臨むことができます。期間や利用の仕方を考慮し、適切なプランを検討しましょう。


Relation関連記事

Categoryカテゴリー