コラム

残価設定ローンとカーリースの違いとは?賢く選択するために比較して違いを解説

近年、車の取得方法としてさまざまな手段が登場し、ライフスタイルに合った支払方法を選べるようになりました。そのなかでも注目されているのが、「残価設定ローン」と「カーリース」の活用です。どちらもお得な利用方法であることは分かっているが、どう違うのか分からないという人もいるでしょう。残価設定ローンとカーリース、それぞれの特徴を比較し、その違いを詳しく解説します。

「残価設定ローン」と「カーリース」の違いとは

「残価設定ローン」と「カーリース」の基本的な仕組みについて確認しましょう。

残価設定ローンとは

残価設定ローンは、その名の通りローンの種類のひとつです。そのため基本的には契約者が使用者として、車にかかる経費負担を管理します。一定期間の利用後、車を返却することを前提に、月々の支払額を少なくする支払方法で、契約期間満了後に下取りに出す際の売却予想価格(残価)を設定し、残価を最後に支払うまで据え置くのが大きな特徴です。

通常は、契約終了後に車を返却して新たな契約を結びますが、同じ車に乗り続けたいときには、残価を支払うことで購入も可能です。返却後に契約を終了する場合には精算を行い、残価設定時の条件にあてはまらない場合には、基本的には差額分を一括払いすることになります。

月々の支払額は低くなりますが、残価を含めた車両代全額に金利がかかるため注意が必要です。また残価設定ローンは、自動車メーカーや販売会社が提供しているプランであり、支払いが完了しないうちに乗り換える場合は基本的に同じメーカーの車から選ぶことになります。

カーリースとは

カーリースは、「使用料」を月々支払いながら車を利用できるプランです。リース業者が提供しているプランであれば、固定のメーカーにしばられず、選択肢の中から自由に車が選べます。リース期間が終了すれば、基本的に返却することになりますが、契約形態によっては自己所有に変更することも可能です。

カーリースは、車検証上の所有者がリース会社となるため、使用者が月々の使用料金を支払うかたちでマイカーのように利用できます。そのためカーリースでは、車にかかる税金はリース会社が支払います。さらに契約によってはメンテナンス料を含めることもできます。車に乗るための経費を全てリース料金に入れることができるため、家計への月々の負担が一定になりやすいのが特徴です。

レンタカーとは違い「わ」「れ」ナンバーにはならないため、カーリース契約かどうかが周囲に分かることはありません。リースであっても、普通の自家用車として使用できるのが魅力でしょう。

残価設定の詳細については「ローンやリースで注目の「残価設定」とは?そのメリット・デメリット」をご覧ください。 

残価設定ローンとカーリースの違いをさらに詳しく比較

どちらも残価を設定することにより、月額の支払額を低く抑えられる点では似ていますが、支払う金額の明細に違いがあります。ローンでは残価分を車両価格から差し引いた金額を、返済期間で分割払いします。一方リースは、そこに税金、保険料などの諸経費が加算されます。それでは、具体的にどんな点が異なるのでしょうか。それぞれの違いを比較しました。

契約形態の違い

  • 残価設定ローン
    購入:住宅ローンでマンションを購入するようなイメージで、購入に向けた契約をメーカーや自動車販売会社と行います。
  • カーリース
    賃貸:賃貸マンションを契約するようなイメージで、所有者であるリース会社と契約します。

税金・車検など本体価格以外のコスト

  • 残価設定ローン
    残価設定ローンでは、税金やメンテナンスにかかる費用は自己負担となり、自身で管理します。月々の支払額は少なくできますが、税金の支払いや車検のたびに費用がかかります。維持費にかかる負担に関しては、一般的な自家用車の所有と変わりがありません。毎月の支払いとは別枠で、維持にかかる予算を考慮しておく必要があります。
  • カーリース
    一般的に自動車の維持にかかる負担分も、最初からリース料金に含まれて分割されるため、月々の支払いが一律化されます。リース料金に含まれている主な項目は、登録手数料、自賠責保険料、自動車重量税、自動車税(種別割)・車検料など。さらにプランによっては、メンテナンスにかかる費用を含めることも可能です。残価設定ローンと比べて一時的な大きな出費が発生しにくいうえ、自家用車のように使用できます。

任意保険について

  • 残価設定ローン
    通常の車両購入と同様に、利用者本人が別途、任意保険に加入手続きをする必要があります。
  • カーリース
    利用者本人が別途、任意保険に加入するか、プランによって月々のリース料に毎月の任意保険料を含めるかを選択できます。カーリースの場合、契約期間中に全損事故が起きると解約となり、解約料金が発生します。このようなケースに備え、解約金を保証するリース車両向けの保険に加入しておくと安心です。

中途解約について

  • 残価設定ローン

上述したように、残価設定ローンは自己所有を前提とする契約です。そのため、契約期間中に利用を停止する手続きは可能ですが、中途解約という考え方ではなく、「残りのローンの支払い方法」を考えることになります。つまり、契約を終了するためには、ローンを完済し、いったん自身の所有車として買い上げる必要があるのです。車を手放したい場合には、以下のいずれかの手順が必要となります。

  • 繰り上げ返済を行う
    繰り上げ返済では、残価を含めたローンの残額を一括で支払います。
  • そのまま支払いを続ける
    支払いを継続する場合では、最終支払回で残価額を支払います。

一般的な自動車ローンは、車両の本体価格を分割して支払います。一方で、残価設定ローンは残価を差し引いた金額で分割するため、月々の支払いが少なくなる仕組みです。利用中は自動車ローンよりも月額は少ないですが、中途解約となれば、残価分を含めた残債を完済しなければなりません。

  • カーリース

カーリースの場合、原則中途解約はできません。ただしリース会社の承認があれば可能です。中途解約で車を返却すると中途解約金が発生します。計算方法は以下の通りです。

中途解約金=(残期間分のリース料+事務手数料+残価)‐(車両の査定価格+未経過分の費用※)

 ※未経過分の費用とは、リース契約に含まれている費用のうち、解約日までに発生しなかった費用の合計で、メンテナンス・自動車税・自賠責・重量税などが含まれます。

カーリースは実質、「未払い分の車両価格分」と「必要経費」を中途解約金としています。名前や手続きのイメージから「解約が難しい」「解約金が高くなる」と受け取られがちですが、基本的には残価設定ローンの中途解約と大きな違いはありません。

残価設定ローンとカーリース、どっちが使いやすい?

「残価設定ローン」「カーリース」はそれぞれメリットが異なるため、どちらを選べばよいか迷ってしまうかもしれません。自分に合った方法を選ぶためのポイントをお伝えしましょう。

残価設定ローンが合うタイプ

  • 車のメンテナンスへのこだわりがあり、自分の手で行いたい
  • 車両の維持費については管理できるが、月々の支払額をなるべく安く抑えたい
  • 3年程度の短期の乗り換えを検討している

残価設定ローンは乗り換えを前提として利用した場合には、買い取りのための支払いが発生せず、月々の支払額を抑えたまま新車に乗り続けられます。

カーリースが合うタイプ

  • 車検代などの一時的な費用負担を発生させたくない
  • 月々の車に関わる支払いを均一化したい

車の維持費は税率の変動などにより、毎年変わります。諸経費が含まれたカーリース契約であれば、常に支払い金額が一定のため、家計管理がしやすくなります。

  • 車両管理・メンテナンスの手間をかけたくない
  • 個人事業主なので車両代を経費として処理したい

自動車は固定資産として扱われますが、購入費を一括して経費に計上できません。これに対して、カーリースは所有物ではなく借りている状態のため、固定資産ではなく、全額を毎月の経費として計上できるので税金上有利です。

「残価設定ローン」「カーリース」ともに、月々の支払額を下げて車に乗る便利な仕組みですが、「支払対象」「契約形態」の2点が異なります。どちらを利用する場合も、安全運転で大切に車を扱うことが、余計な出費を抑える最良の方法といえるでしょう。

それぞれの特徴を知り、賢い選択をしよう

残価設定ローンとカーリースは混同されがちですが、よく知ることで自分に合った選択が可能です。最も大きな違いは、車両を購入するのか、賃貸するのかという点といえます。リース料金には税金や保険などの経費が含まれるため、残価設定ローンと比較すると月々の支払額が高く感じられるかもしれません。しかし、期間中の税金や車検費用などを積み上げていくと、さほど大きな差はありません。契約を検討するときには、月々の支払い以外に発生する費用についても考慮し、総合的に判断すると良いでしょう。残価設定ローンもカーリースも、賢く使えばとても便利なサービスです。自分にとってどちらが最適なのかを考え、余裕を持たせたプランを選びましょう。

まずは簡単ネット見積もり

自分の欲しい車、カースタくるまリースなら月々何円で乗れる?
そんな疑問もネットでカンタン解決!まずは気軽に見積りから

Relation関連記事

Categoryカテゴリー