コラム

ライフプランがあれば人生がもっと楽しくなる!シミュレーションを自分で作成&活用する方法

子供が小さいうちは家族で出かけたり、子供のイベントを楽しんだりしたい。けれど、将来の教育費のためには節約したほうがいいのかと、迷う人も多いのではないでしょうか。そんなときは、これからのライフプランを考えることから始めてみましょう。

子供との時間を楽しみながら、将来に向けた貯蓄をバランスよく行うことができる「ライフプランシミュレーション」の作成方法について、具体的な活用法を交まじえて解説します。

ライフプランとは

ライフプランとは、自分の人生を長期的な視野で見ることを指します。「長期の人生計画」「生涯生活設計」などとも呼ばれ、実施したいイベントや希望するライフスタイルを思い描き、実現の可能性を家計面から考察する手法です。

ライフプランの立て方には明確な決まりはありませんが、将来を見通すためにシミュレーションを作成するのが一般的です。家計に夢や希望を盛り込みながら、20年、30年といった長期でシミュレーションをして、家計の推移を辿ることで、以下のようなメリットがあります。

  • 必要なお金を計画的に準備できる
  • 「貯める」「(お金を)使う」が効率的にできるようになる
  • 将来の家計をイメージできるので、漠然とした不安がなくなる

ライフプランシミュレーションを作成したところで、必ずその通りになるとは限りません。しかし、将来の見通しをつけておけば、想定外のことが起こったときに対処しやすくなります。また目的意識を持つことで、主体的に人生を生きることができるでしょう。特に小さな子供がいる家庭では、ライフプランシミュレーションを実施するのがおすすめです。

ライフプランを立てる前に

さっそくシミュレーションを始めたいところですが、ライフプランを立てる前に、まずは下準備が大切です。最初に取り組みたいのは、自身や家族の希望するライフスタイルや生き方を夫婦で話し合うこと。実施したいイベントや希望をライフプランに的確に盛り込むために、話し合いはとても重要です。

小さな子供がいる家庭を例として、話し合いの参考となる項目を以下にまとめました。ここでは、妻は子育て中の専業主婦で、今後の働き方は「考え中」という設定です。

家族との過ごし方

  • 比較的費用がかかりやすいイベント……(例)毎年、海外旅行に行きたい
  • 日常でのイベント……(例)子供が小さいうちはキャンプや旅行をして、思い出をたくさんつくりたい
  • 年間行事……(例)誕生日やクリスマスは盛大に祝いたい、または反対にイベントにはお金をかけず、家族で祝えれば十分

子供について

  • 習いごとについて……(例)幼児教育は重要だと考えるので、早くから複数の習いごとをさせたい
  • 教育方針……(例)通塾、留学など、学業に有益と思われることはやらせたい
  • 受験……(例)私立中学を受験させたい

夫婦の働き方

  • それぞれの働き方……正社員をめざすか、パートタイムで働きたいかといった就業形態、将来的な転職の有無
  • 働く期間……定年退職の時期について、退職後は仕事を継続したいか

夫婦それぞれの希望を明確にしてからライフプランを立てると、家庭内の出費の優先順位や、本当に大切なものが見えてくるでしょう。どんなときに、どのプランにお金がどの程度必要かを考え、実施する姿勢が身についてくるはずです。

電卓やエクセルがあればできる!ライフプランシミュレーションの作成方法

夫婦間の話し合いを経て、優先したい希望が見えてきたら、ライフプラン作りを始めます。イベントに必要な出費額を算出して、家計をシミュレーションするのです。シミュレーションは大まかなタイプから、専門家に作成を依頼する精密なタイプまでさまざまです。まずは、家庭でできる方法から見てみましょう。

ライフイベント表を作成してみよう

ライフイベント表は、比較的簡単に作成できるシミュレーションで、今後の家族のイベントや出費を、ざっくりと見通せるような年表形式で作成します。筆記用具と電卓があれば作成可能で、ライフイベント表を見ながら考えを整理したり、夫婦で話し合ったりできるため、とても便利です。将来、見直しの際に修正していく可能性を踏まえて、Excelのような表計算ソフトを利用し作成・保存すると良いでしょう。

<ライフイベント表の作り方>

  1. 年表を作成
    今年を起点にした「西暦・令和」「経過年数」、年ごとの「家族の年齢」を記載する。ローンがあれば「住宅ローンの経過年数」「自動車ローンの経過年数」などを記載する。このあとライフイベントを記載するため、余白を残してまとめる。
  2. 年表に希望するライフイベントを記載
    イベントが発生する年に「希望(発生)するライフイベント」と大まかな費用を記載する。「住宅ローン終了」「長女就職」など、出費をともなわないが家族にとって重要なイベントがあれば記載する。定期的に見直し、必要に応じて調整する。

記載するライフイベントには、子供の誕生や入学、車の買い替え時期や自宅のリフォームなど、さまざまなものが考えられます。判断基準としては、日常の家計でまかなえない出費、ボーナスや貯蓄を取り崩す可能性がある大きめの出費は記載する、と考えると良いでしょう。将来のライフイベントと費用が整理できるため、お金を貯める時期や出費時期のピークが把握できます。

ライフイベント表を作成することで、時系列で家族のライフイベントとそれにかかる費用を把握できるため、今後の見通しが立てやすくなるはずです。年表形式なので、用紙は縦長で作成すると良いでしょう。あとから修正・調整できるので、最初は思いついたことは全て書いてみることをおすすめします。

気になる教育費の目安

ライフイベント表を作成するにあたり、教育費を予測するのが難しい場合があるかもしれません。文部科学省が発表した「平成30年度子供の学習費調査の結果について」を参考に、1年あたりの教育費と通学期間で合計した教育費を見てみましょう。

<公立>

 1年あたりの教育費通学期間で合計した教育費
小学校(6年)32万1,281円192万7,686円
中学校(3年)48万8,397円146万5,191円
高校(3年)45万7,380円137万2,140円

<私立>

 1年あたりの教育費通学期間で合計した教育費
小学校(6年)159万8,691円959万2,146円
中学校(3年)140万6,433円421万9,299円
高校(3年)96万9,911円290万9,733円

上記は、子供ひとりあたりにかかった費用で、学費だけでなく給食費や通塾代、学用品や制服代なども含みます。

厳格に資金準備をしたいならキャッシュフロー表をつくってみる

ライフイベント表は、将来のプランとおおまかな出費を把握できるツールです。さらに、収支による資産状況も確認したい場合には「キャッシュフロー表」を作成すると良いでしょう。

キャッシュフロー表は、ライフイベント表よりも精度の高いシミュレーションで、ライフイベント表と同じように年単位で作成します。発生イベントと費用を記載する点はライフイベント表と同じですが、これに年間のお金の動きの詳細を加えたものがキャッシュフロー表です。「年間収入」と「年間支出」を予測すると、「年間収支」が見えてきます。収支がマイナスの年は資産が減り、収支がプラスになれば資産も増すことがわかります。

キャッシュフロー表では、次のような項目を含めて作成します。

  • 収入

夫婦それぞれの収入、学資保険の満期金など一時的な収入、児童手当や各種給付金など

  • 支出

生活費(子供が増える場合は生活費を増額する。子供が将来独立した場合は減額を見込む)、定期保険(保険料を支払う期間を確認して記載する。また、年齢によって保険料が上がる見通しの場合は保険料の上昇分も反映させる)

マイホームの固定資産税やマンション管理費など

年間の収入から支出を差し引いて年間収支を算出し、20年後、30年後を見越して計算すれば、将来の資産残高の見込みが確認できます。例えば30年間のキャッシュフローなら、30年後の資産額まで見通すことができるのです。ただし、収入と支出の増減を年ごとに算出しなければなりません。電卓でも可能ですが、計算ミスを防ぐためにも、表計算ソフトを利用すると便利です。

キャッシュフロー表の作成は、今後の収入・支出の見込みを考える必要があり、やや難易度が高くなります。できる範囲で挑戦してみるのもよいですが、より精密なキャッシュフローを作成したい場合は、専門家であるファイナンシャルプランナー(FP)に相談すると良いでしょう。

ライフプランシミュレーションの結果が良くなかった場合の対処法

ライフイベント表やキャッシュフロー表を作成することで、資金不足に気づくことがあるかもしれません。そうした場合には、以下のような点を見直しながら対処してみましょう。

  1. イベントの見直し
    イベントを実施するかどうかを再度検討し、実施したい場合は実現可能な範囲に費用を縮小する。
  2. 資金を積み立てて準備
    ライフイベントの実施までに期間がある場合は不足額を逆算し、毎月の積み立てを始める。
  3. 生活費の見直し
    資金を積み立てるといった対策をとるために、無駄な生活費がないかを確認する。生活費を節約して、積み立てに回す方法を検討する。
  4. 収入アップを検討
    片働きであればもう一方も働く、一方がパートタイムで働いている場合は正社員へのキャリアアップに挑戦するなど、収入アップに繋がる方法を検討する。

見直しの方法は複数ありますので、不足額やライフイベントの優先度に応じてライフプランを修正しましょう。

※生活費の節約について、詳しくは「生活費を節約したいけど、支出の内訳は?家計を見直すポイントを解説」をご覧ください。

ライフプランを立てて、より有意義にお金を使おう

ライフプランは、単純に家計を見るだけのものではありません。働き方や老後の生活など、個人や家族の生き方を考えることにも繋がります。また、ライフイベントの優先順位を意識すれば、人生を通してより満足できることにお金を使えるようになるはずです。お金は少ないよりも多いほうがいいでしょう。しかし、やりたいことや欲しいもの、全てにお金を使ってしまってはいくらあっても足りません。ライフプランを立てて、家族にとって重要なイベントにお金をまわし、充実した人生を送りましょう。

カーリースでかしこいカーライフを

カースタくるまリースでは、カーリースをよりお得にかしこくお使いいただける
様々な利⽤シーンに合わせたくるまとプランをご⽤意しております。

Relation関連記事

Categoryカテゴリー